About

Updated on 2015-06-11,
Tagged:

男女二分論の性別概念や、無性愛や同性愛すら存在否定をするような、偏見。 自らを、こうした思い込みの呪いから解放しなければ、ヒトは人の域に達し得ない

血液型がABO式だけではないのと同じように、男女二分式の性は幻想だ

人はヒトであり、そのほかの生物と同じように、性愛をしなかったりしたりする

それらは遺伝的にも環境的にもかたちづくられるけれども、いずれにしても、そういう存在だ。 先天的であれ後天的であれ、そのように創られたのだ。 こうしてそもそも存在をしているものを、否定することは、現実に反する迷信である

つまり、性や性愛の有無や多様、相異性は、現実そのものであり、人として、生き物としての、存在自体だ。 好き嫌いや意志の問題ではない

今こうしている間にも、人類社会は現実を否定して妄想空間に引きこもっている。 せいぜい同性愛やトランスジェンダーくらいしか話題に上がらない。 そもそもの性や性愛概念が思い込みに過ぎないことに気付いていない

それどころかとりわけ日本人社会というものはそもそも、話題にすらあげずに、こうした存在そのものを社会から抹消している、悪辣な蒙昧集団だ

私は普通にインターセックスで生まれたし、普通に無性愛だ。 私は社会から消されている。この日本では、私は居ないことになっている